カテゴリ

カテゴリ:Kumamoto

城主証

カテゴリ:
IMG_7514


熊本市から届いた。
1年間無料パスポートに変わって、城主証カードが登場したそうです。
「熊本城主」の字はわざわざ竹田双雲が書いてるw。
これを使うと、熊本市立の施設がタダで入れたり、商業施設での割引特典も受けられるみたいです。
熊本城復元計画の冊子も同封されていた。
西南戦争で焼失したままの建物や塀の再建がこのあと平成29年まで続くみたい。

2009.6.23の日記

カテゴリ:
高校野球の季節である。
例年、地元の動向はチェックしているが、地元紙のサイトが今年も酷い。

トップページから記事に入る。

全国高校野球熊本大会第4日 阿蘇清峰、追撃届かず│ くまにちコム

見られるのはココまで。記事本文は会員でなければ読む事ができない。
さらに、他の試合の話になかなかたどり着けない。まぁそれはいいとして、やっとの思いで高校野球のページにたどり着くと、

第91回全国高校野球選手権大会 │ くまにちコム

試合結果も会員でないと見る事が出来ない。
ちなみに、朝日新聞ではキチンと見る事が出来る。

asahi.com:高校野球「全国高校野球選手権熊本大会」 - 試合結果一覧

主催している朝日だけではない。読売も、毎日でもだ。
全国紙がここまで情報を出してるというのに、
地元紙がこういう対応をしていると、もう誰も見なくなるぞ。
とにかく情報をネットに放出してしまうと購読率が下がるとか、未だに思っているのだろうか。
同じ九州内でも、会員にしか記事を見せないなんてことをしているのはここだけじゃないか。
他県にはRSS吐いてるところもあるというのに。

ちなみに私は会員IDを持っているのだが、ログイン先で見る事ができる情報が全国紙よりも詳しい、
ということもない。地元紙が運営しているサイトである付加価値もないのだ。
なお一層、わざわざ見に来る理由もなくなるというものだ。

攘夷や鎖国では何も変わらないというのにw、いつまで同じ事を続けるのだろうか。
脱藩して江戸に出て良かったよ。熊本日日新聞、最終面接で落ちただけなんだけれどね。

ジューシー

カテゴリ:
IMG_0353.JPG

熊本県民の方には非常に懐かしい、このパッケージ!

愛媛県ではみかん果汁があまり過ぎて、それで給食のご飯を炊くと聞いたが、ホントウだろうか。
みかんの一大生産地である熊本でも、おそらく学校で大量消費させんがため、これが度々給食に出ていました。
(ここに就職したO川君は、「年中ジューシー飲み放題」と笑っていた。)

ただ、通ってた学校では教師によって扱いが違っていて、
5時間目の始まる前に飲ませてくれるひとも居れば、
何が何でも給食と同時、レベルが上がると牛乳を飲んでからで無いとダメという厳しいローカルルールを設けるひともいたかと記憶しています。
牛乳と合わせると325ml。一緒に飲むとお腹がたぷたぷになって私は嫌だったです。
休みの人の分まで飲むヤツもいましたけどね。
(関係ないけれど、私は夏場のぬるくなった牛乳を飲むのと、ご飯のときに出る牛乳は、個人的にどうしても許せなかったタイプです。)

さっそく風呂上がりに飲んだ。
懐かしい味!

カテゴリ:
夕食を食べてながらテレビを見ていると、秘密のケンミンSHOWで地元が特集されていた。とくに「No!」と「タウン情報クマモト」という地元タウン誌のあたりは、私も高校時代必ずチェックしていたものですから、思わず懐かしいと唸りましたね。
それぞれ40,000部近く出ているらしいのですが、人口から考えると驚異的な数字です。

タウン情報誌クマモトは、所詮クルマを持っていないとどうにも使えない情報が多くで、オトナ向けとも言える内容でした。NO!の方はと言えば目玉は「美少女写真館」(要はストリートスナップです)て、僕なんかは必ずチェックしていると書いたけれども、美少女写真館以外は殆ど読んでなかったと言って良いです。素人時代のズザンヌが載っていた事もテレビで紹介されていました。

発売日翌日は、
「○組の○○さんが出てた!!しかも制服だった!!」「○高はやっぱりレヴェルが高い!」(標準語訳)
という類いの論評が教室で繰り広げられていました(楽しみは他に無かったのかよ)。
あるいは
「なぜ○○さんが載って○○さんは載らないのか」「いや、むしろ載ってはいけないのだ」(標準語訳)
などと言う話しもしておりました。多分M浦君とか。

この「美少女写真館」毎月10人ずつくらい掲載される中から、特に人気の高い女子(どういう統計なのか、正直ナゾ)の年間ランキングもありました。
名前は覚えてませんが2学年上に居た人が1位だか2位だかになって、東京の大学に進学するということで、連載を持つことになりました。
彼女が毎月新鮮な驚きをもって綴る(笑)、東京での出会いや発見(笑)を、我々は憧れにも似た気持ちで見ていたものでしたね。次第に話が派手になっていくので、「どんどん都会に汚れされて行く!」と冗談めかして言っておったのですが、途中から明らかにセミプロになったのがわかったので、O君と読むのを放棄した。その後どうなったかは知らんですw。

それから以前書いた、件の亀のランドセルが紹介されていました。この某百貨店のランドセル売り場は、全国でも屈指の販売数を誇るのだという。奇習と言う他無いw。

このページのトップヘ

見出し画像
×