カテゴリ

カテゴリ:art

カテゴリ:
特別展 細川家の至宝 −珠玉の永青文庫コレクション−

熊本出身ですし、大学1〜3年まで住んでいた寮はたまたま細川護立邸の跡地だった。
敷地内にあった洋館、隣接している永青文庫も毎日のように見ていたから、これはもう見に行くしかないだろうと。
そう思いながらも、最終日になってしまった。会場内には、若い女性がとても多かったように思います。

和歌に精通していた細川幽斎、茶人として利休の最高の弟子の一人と謳われた三斎、植物・動物図鑑を自前で作ってしまった重賢、天才的な美術コレクターだった護立…と、細川家歴代が蒐集したお宝の数々。

大名と言っても、大半が戦国時代、あるいは関ヶ原以後に立身出世した家柄である中、細川家は鎌倉時代から綿々とつづいているだけあって、質・量ともに圧倒的だ。
それは美術品だけでなく、史料の面でも一流過ぎる。信長、秀吉、家康など、歴史上の重要人物からの書状がいくつも。
"それでも、宝物は戦争で焼けてしまって…"ということを現当主の細川護煕元首相が冗談交じりに言っていたが、ここでいう「戦争」は「第二次大戦」ではなくて「応仁の乱」です、という話が、まさにそのコレクションの凄さを言い当てている。
実際、「錦の御旗」が展示されていて、うちの妻も「幕末の?」と言ってましたが、案内を見ると、南北朝の乱のときのものでした。

護煕さんのおじいさん、明治〜昭和期に活躍した護立のコレクションも大変なものだった。
10代の頃、母親に小遣いを前借りして買ったという日本刀や、中国で買い付けてきた紀元前の鏡がその後国宝に指定されたり、駆け出しの横山大観らを支援したりしているというから、その審美眼は相当なものなのだろう。さらに、骨董的な品だけでなく、同時代の印象派絵画まで手を伸ばすという、守備範囲の広さ。
これだけバンバン買えちゃう財力はもちろん、屏風や巨大な石仏なんて、どうやって家まで運んで保管したんだろう…と思ってしまう。まぁ普通の人には手の届かない趣味だ。

ふと、爺さんの爺さんの爺さんの…と、大谷家歴代が藩に納めてきた年貢が本日鑑賞したお宝の数々に化けたんかな…wなどと思い、ちょっと複雑な心境になりながら会場を後にした次第。

2010年NHK大河ドラマ 特別展「龍馬伝」

カテゴリ:
2010年NHK大河ドラマ 特別展「龍馬伝」 - 江戸東京博物館

開催初日の27日、28日、そして本日の3日間だけ、有名な写真のオリジナルが展示されると聞いて、行ってきました。

…とその前に、両国駅から徒歩3分、両国公園にある、かの人物の生誕地を訪問。
老若男女、記念撮影をするひとが何人かいらっしゃいました。さすが旬です。
駅の周辺はそこかしこに力士のみなさんが。
勝海舟生誕之地 両国駅

国技館の前に並んだ幟も、ようやく来た好天にひとしお色鮮やか。
国技館

旧安田庭園からは、スカイツリーが。
旧安田庭園 9

と、そんなわけで、江戸東京博物館に着いたのは15時。開館時間は17時30分までだし余裕だろとたかをくくっていましたら、入り口の前に行列。120分待ちと書いた札をもった係員。ま、多めに書いてあるんだろうと、またもたかをくくっておりましたら、館内に到達するまでに1時間20分、館内に入ってから展示室の入り口まで1時間20分。
すでに閉館の時間ですが、あまりの盛況ぶりに、19時30分まで延長となったようで、無事、貴重な写真を拝むことができました。感動。

もちろん写真以外にも、龍馬による書状が大量に展示されてました。

・「今一度日本を洗濯致し申候」の書状。
・唯一現存している、お龍宛の書状。

また、暗殺現場にあった血が飛び散っている屏風。う〜ん、これは凄い。
ほかにも、

・勝海舟の日記。千葉重太郎と龍馬が訪問してきたときのこと、池田屋事件で弟子が犠牲になったことを書いていたり。"壬生浪士輩"と、新選組批判。
・幕末史で非常に有名な「非義勅命は勅命に有らず」の文言で知られる大久保利通の西郷隆盛宛書状。
・平井収二郎が切腹前に爪を使って認めた辞世の書。
・中岡慎太郎の"小人となるかは、家柄の中にはない。君自らの中にあるのだ"の手紙。

などなど、大満足の展示内容。
それにしてもとにかく待った…。江戸東京博物館って、いつもは空いてるんですけどね…。
見終わったのは19時近く。

夕食は、道路を渡ってすぐのところにある。「天亀八」。
天亀八

カテゴリ:
【特別展】モーリス・ユトリロ展 −パリを愛した孤独な画家−

損保ジャパン東郷青児美術館。会社のすぐそばなんですけどね。
90点すべてが日本初公開。時系列に作品が並んでいて、その時々の生活についても解説されていましたが、ほんとに過酷な人生を歩んできたんですね。。。
風景に対して明らかに浮いているような人物たちは何を表現しているのか。。。

さよなら公演

カテゴリ:
おなごりおしゅう… 歌舞伎座でさよなら公演初日 - MSN産経ニュース

そんなわけで。私も日曜日に第三部を見てまいりました。
最後なのでまるで初めてきたかのようにiPhoneで写真を撮りまくったw



1F。一度は座りたかった桟敷席。結局その高額さに踏み切れずw。


2F吹き抜けから正面玄関を見る。


当代のお父さん、おじいさんたちの銅像。


江戸から続く、伝統の目録。


3Fにある、昔の名優の方々の肖像写真。


演目。
一、実録先代萩(じつろくせんだいはぎ)

            乳人浅岡  芝 翫
           松前鉄之助  橋之助
             局錦木  萬次郎
             局松島  孝太郎
            腰元梅香  児太郎
             亀千代  千之助
             千代松  宜 生
             局呉竹  扇 雀
             局沢田  芝 雀
           片倉小十郎  幸四郎


伝統的な、忠義のために滅私奉公というモチーフ。
子役の演技が泣かせる。

夕食。幕の内弁当。まさにこれが幕の内弁当。


  歌舞伎十八番の内

二、助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)

           花川戸助六  團十郎
           三浦屋揚巻  玉三郎
            通人里暁  勘三郎
         福山かつぎ寿吉  三津五郎
           三浦屋白玉  福 助
        男伊達 山谷弥吉  権十郎
        同   田甫富松  松 江
        同   竹門虎蔵  男女蔵
        同  砂利場石造  亀三郎
        同   石浜浪七  亀 寿
           傾城八重衣  松 也
           同  浮橋  梅 枝
           同  胡蝶  巳之助
           同  愛染  新 悟
             金棒引  種太郎
               同  萬太郎
               同  廣太郎
               同  廣 松
            禿たより  玉太郎
        白玉付番新梅ヶ香  歌 江
            奴奈良平  亀 蔵
           国侍利金太  市 蔵
            遣手お辰  右之助
          番頭新造白菊  家 橘
            朝顔仙平  歌 六
            曽我満江  東 蔵
         三浦屋女房お松  秀太郎
            髭の意休  左團次
        くわんぺら門兵衛  仁左衛門
          白酒売新兵衛  菊五郎

              口上  海老蔵


ちょっと豪華過ぎてどこを見ていいのかわからなかった。
勘三郎が團十郎に「孝俊君(海老蔵)も落ち着いちゃって」、菊五郎には「(寺島)しのぶちゃんおめでとう」など、時事ネタを折こんで観客を湧かせる。「今日は高円宮の女王様もおこし頂いて〜」とか言ってたけど、どこにいたのだろうか。

このページのトップヘ

見出し画像
×