カテゴリ

カテゴリ:movie

カテゴリ:
▼帰宅途中、スマートフォンで"飛ばし読んだ"記事のひとつ、となるはずでした。

アンパンマン無断上映容疑 自称映画興行者の父子逮捕、全国で1000回超か - MSN産経ニュース

本当に何気なく読んでいて、「そんなこともあるのかな」という程度で、次の記事へ行く、というところでした。

ところが、「北海道から鹿児島まで車に映写機を積んで回った。」この一文を読んだ瞬間、久しく思い出すことが無かった記憶がどんどん蘇ってきました。

▼それは、僕がおそらく小学校3年生か4年生くらいの時のことでありましょう。
他所の学校もそうだったでしょうが、放課後の校門の前では、学習塾だの教材だのと、児童相手に業者がオマケ付のビラを配るなどの勧誘が行なわれていました。

そのひとつに、「映画の上映会」もあったわけです。
土曜の午後だったと思いますが、数百円の料金で、体育館でアニメの映画が見られる、というようなものです。おそらくは数本立てて、脈絡のないラインナップも多々あったように思いますが、僕は見に行ったことが一度もありませんでした。

それがどのような理由だったのか、また、誰に誘われたのか(あるいは自分から行く気になったのか)、全く思い出すことができないのですが、ともかくも、ある土曜の午後、小銭を握って観に行くことになったのですね。

そのおっさんは、お世辞にも綺麗とは言えない、古いワゴン車に乗って現れ、ひとりで映写機をセットしていました。暗幕が引かれ、上映がスタートします。「ドラえもん」、でした。
けれども、それはいつもの(我々が期待していたような)「ドラえもん」ではありませんでした。

車いすの少年が登場し、ドラえもんやのび太に助けてもらいながら、どこかへ一緒に遊びに行く…、というようなものでした。普段テレビや映画で見ているものとは少々異なるテイストに、開始早々「これは偽物ではないのか?」という考えが頭をよぎりました。ただ、セリフの声は、紛うことなき、いつもの彼らの声なのでありました。

学校行事ではありませんので、その場には先生も居ない。いつもそうなのかはわかりませんが、子どもたちばかりの事です、私語を始める者、立ち上がって遊び出す者なども出始めました。おっさんは、いちいちそういう連中を怒鳴りつけておりました。

……「この雰囲気は一体何だ…??」

▼と、思い出したとは言え、僕の記憶の断片はこんなところです。(そう言えば、手作り感が漂うチケットには、確かに、「福祉」「◯◯協議会」「推薦」と言ったような言葉も並んで居たように思います。)
肝心の映画の結末についても、全く覚えては居ないのです。

結局、僕の心に残ったのは、のび太たちが少年を「けんちゃん」と呼んでいた事、子供心に感じた、そこはかとなく漂う物悲しさ、(今にして思えば、それはその作品が持って生まれた、語りにくい事を語ること、啓発のためという、使命ゆえのものだったのかもしれませんね)、おっさんのいかがわしさ(決して人を見かけで判断してはいけないのですが、どうしても、作品のイメージとその方のアトモスフィアとは、重なり合うものではなかったのですね。)

と、そんなことで、その類の「上映会」に足を運んだのは、その時が最初で最後になってしまいまして、ハッキリ申し上げて、後味の良い思い出では決してないのです。どちらかと言えば、奇妙な思い出と言っていいかもしれません。

▼さて、二十数年の間、澱のように沈んでいた、そんなことどもが一気に心の中に立ち上がってきて、あれは一体何だったのか?と、どうしようもなくモヤモヤとした気持ちになって来まして、次の記事を読む手は、ブラウザの検索窓に文字を入力していったのです。

便利な世の中になったもので、もう数秒後には、僕はその作品についてのアウトラインについてを知ることになりました。そういうタイトルで、ストーリーだったのですか…。

ドラえもん ケンちゃんの冒険
映画 ドラえもん ケンちゃんの冒険 - 【 時空遺産 ~ わが青春のノスタルジア ~ 】

そして、これが正式な作品であること、現在ではほぼ視聴することができない状態にあることを知ることになりましたが、それ以上の情報を得ることはできませんでした。そこで居てもたっても居られず、元同僚で「封印作品」の研究でも知られる安藤健二氏にLINEで尋ねてみることにしました。氏もまた、かねてからこの作品について知ってはいたそうですが、残念ながら視聴したことは無いということでした。

▼ともかく、本作品はおそらくある時期まで啓発目的・教育目的ということでフィルムの貸し出しが盛んになされていたのではないかということ、また、件の興行師のおっさんは、それを利用して、教育目的/営利目的というグレーな線上でビジネスをしていたのではなかろうかと、一応の結論に達したところです。映像自体は、どこかの団体の倉庫に、フィルム、あるいはVHSやβとして残ってはいるのでしょう。

平成もまだヒトケタの頃は、冒頭に挙げた記事や、僕の見たおっさんのようなタイプの興行師も珍しくは無かったのでしょうね。(その方がそうでなかったとしたら、お詫びしなければならないが。)

▼さて、その効果はさておき、今も当時も人気アニメの「ドラえもん」を通して、啓発や教育を目的とした、このような意欲的な"番外編"が作られていたということは、もっと知られていてもいいのではないでしょうか。

一方で、なにゆえ本作品が封印状態となっているのか、です。もちろん、古い作品であるから、上映や放送の機会が減少していくのは仕方がないことだと思います。
この作品に限らずですが、別な見方をすると、制作も上映・放送も、それはそれ、これはこれだと、TPOとアウトプットがどんどんと分化していってしまった歴史があると言えるのかもしれません。

制作サイドの変化、視聴者の変化、様々な理由で、メディアが実現したくても実現できないことが増え、表現の幅そのものも狭くなっているとの指摘も度々目にするわけですが、そのような中でこうした取り組みが忘れられてしまったり、新たなチャレンジもしづらくなっているとしたら、それは少し残念なことです。

▼話が逸れましたが、思わぬところから、個人的な"点と点"がつながりましたというご報告でした。

「永遠の0」を見た

カテゴリ:


まあノンフィクションだけでなく、戦争を舞台装置として、そのものの意味を問うたり悲惨さを訴えたりする作品は、映画でも小説でもそれこそ無数に存在するわけですし、僕もそういった作品はそれなりに観てきたつもりです。ですから、原作も含め、この「永遠の0」が、岡田君の人物造形やストーリーに水際立ったところがあったかというと、それはそうでもないと思います。本作がまさに遺作となった夏八木さんはじめ、映画で"零戦生き残り"を演じる俳優の方々は確かに素晴らしかったけれども、むしろ、詳しい人や、色々見てきた・読んできた人ほど退屈に思えてしまう可能性が高い。正直僕も9割方そうだと思います。(いや、いいシーンはいくつもあったし、岡田君批判なんてしないぞ!w)

…と、まあいつもならそんなところなんだろうが、今日はエンドロールで泣いてしまいました。

繰り返しますが、いわゆる深イイ話ですね、とか、岡田君の家族を想うキモチに泣いた、とか、そういうわけではありません。

▼夏八木さんが孫達に語りかける台詞がありました。すなわち、"戦争に生き残った者や家族それぞれに物語がある、自分に起きたこともその中のひとつに過ぎない、皆がそれをいちいち表には出さないだけだ"、というような趣旨のものです。

夏になるとニュースの枕言葉のように耳にする、"減っていく戦争体験者"、というフレーズがあります。聞いている我々にとって、どうもそれは書籍やドキュメンタリーの中の「歴史」、つまり何らかの意思決定をする立場だった人や、特異な体験をした人についての話だと錯覚してしまいがちなのですが、それは自分自身だって歴史と地続きであるということをなかなか自覚しないからだと思うのですね。

近頃、NHKで「ファミリーヒストリー」という著名人の祖父母や曾孫のことドキュメンタリー仕立てにして本人に見せる、という番組が放送されております。無名人の話を、それも家族以外の視聴者が見てどうして面白いんだ、という話ですが、かえって著名人の話よりも感動を覚えてしまう側面が確かにあるかと思います(再現映像がやけに感動的に作られているせいもあるけれど)。あれなどまさに市井の人々が時代の中でどう振る舞ったかということについて、(子孫でさえも)いかに目を向けていないか、あなたは自分の先祖がどうだったのかを知ってるのか?ということを突きつけられる番組です。

翻って僕の周辺について言えば、三年前に亡くなった父方の祖父は、男三人兄弟の末っ子でありました。三人とも出征し、兄二人は戦死しています。まだ幼い子ども(僕にとっての大叔父や大叔母)を残して。いわば映画の主人公、宮部久蔵と近しいような話です。母方の祖母も、お兄さんをガダルカナル島で亡くしています。

ところがその実、祖父や祖母に詳しい話を聞いたのはたったの一度だけ、それも小学校の宿題のための取材でしかありませんでした。決して愉快な思い出ではないだろうことは子ども心にもわかっていたので、気が引けたのですね。
大きくなって、教科書的な知識を得れば得るほど、そんなもの好き好んで話題にしたいわけはないだろうという思いが先に立って、なおさら遠慮してしまうようになってしまったのでした。祖父の葬儀で挨拶をして下さった戦友の方も、そのあと程なくして亡くなられました。

たぶん、我々の世代は大方そんな調子か、あるいはそもそも関心がないか、ということではないでしょうか。父母の世代だって大して変わらないのかもしれません。

▼原作では戦闘や戦局の推移にも詳しく立ち入っているので、(ちかごろ毀誉褒貶が喧しい)百田尚樹氏の史観なり立ち位置なりが滲みでてしまっているように思えなくもない箇所がちらほらあります。それは仕方がないと思うけど。

一方、映画ではその辺りを思い切ってカットして(鈴木ちなみも出席!する合コンというマイルドな設定に置き換えたりw)、まさに岡田君とその家族の歴史を繙くということに焦点が絞られていることもあり、原作の執筆のきっかけであるところの、"戦争体験者が本当にいなくなってしまうことへの危機感"が非常にストレートに伝わってくる作品になっていたのではないかと思います。したがって、映画に関しては、いわゆる"右傾エンタメ"か否かといった議論とはちょっと遠いのではないかと思いました。

※ただし、原作を読んでいないと、戦後、松乃を助けた男の正体が誰なのか、余程注意しないとわかりづらいだろうし、"兵装転換"とか"マジックヒューズ"とか言われても、これはわからないんじゃないか。

▼そんなわけで(結末は知ってましたし)孫の視点で祖父や戦争を描く、というところ、百田氏の意図したところに、実に見事にハマってしまったというべきか、ラストの方は映画そっちのけで、我が家の歴史についてを考え始めてしまいました。
井上真央がいっぱい出てくるあたりなのに、井上真央のことよりも、「果たして昔のことについて死んだ祖父に何も聞かないままで良かったのだろうか、いや聞いた方がいいのだというのは手前の都合ではないのか…?」、果ては歳のせいか「自分は祖父や戦死した親戚に対して恥ずかしくない、善き生を生きているのだろうか俺は」というようなことまでが頭をよぎってしまい、そのまま岡田君の敵空母突入に続くサザン(桑田佳祐曲はいつだってベタなのにズルい)の流れでまんまと涙腺が緩んでしまった、と、こういうわけなんですね。

そういうことで、非常に若い子たちがTwitter上で泣いた泣いたと言っていますが、僕と同じ琴線だったのかどうかは知りません。


▼ちなみに、上映前には、能率手帳に続いて、ザ・プロファイラー(NHK、しかも1/1放送の黒田官兵衛スペシャル)と、岡田君出演CMの連続だった。TV番組の番宣とは驚いた。NHKなかなかすごい。


▼あと、音楽はハゲタカの人だが、空戦のシーンのBGMは紅の豚のそれに似てた。VFXは山崎貴作品だけあってさすがに拘っている。空戦シーンを見ていて思い出したんだが、ルーカス・フィルムの、黒人の戦闘機乗りたちの日本公開は無いのでしょうか?
これ。




▼いや〜、風立ちぬに始まり、解説した新書だの、「永遠のゼロ戦」というギリギリなネーミングのムック本まで出ておりまして、実にゼロ戦ブームな1年でしたね。

僕も春先には航空公園に実物を観に行ったし、プラモも作っちゃいましたし、こんなこと言うとかなり好きな人みたいですけどね。

188947_10151500302064637_995018771_n
734345_10151500302059637_1076227379_n




▼ついでに、こないだ見た「清須会議」について。
大泉洋が非常に素晴らしかった。これは「新選組!」における隊士たちの描き方もそうだったけれど、三谷幸喜の、戦国武将ひとりひとりへの愛情が感じられる作品だった。三谷ファン以上に、時代劇ファンは楽しめると思う(短い感想!)。


▼ま〜、なかなか映画を観に行くヒマが無いのですが、「ゼロ・グラビティ」はぜひ劇場で、とおすすめされてるので観たい。

永遠の0 (講談社文庫)
百田 尚樹
講談社
2009-07-15

カテゴリ:
昔、そっち方面にいっている友人が、美大に行くような人というのは、なにがしか、たとえば日々生きてること自体を外に向かって表現したいけど、それを言葉で伝えるのが苦手か、あるいはそれ以外の方法で伝えるのが得意だったりする人なんだ、というようなことを言っていて、なるほどねえと妙に感心したことがあった。

あたりまえのことだが、元来、芸術家ーたとえば小説家や画家や音楽家ーは、アウトプットをいつするのかも、アウトプットすること自体をやめるのかも、一貫して本人の自由なはずで、周囲にとやかく言われる職業ではないだろう。

とはいえ、この近代社会では、それだけでは食って行けないので、当然、"娯楽"と"表現"(あるいは技法)の両立を求められることになるのだし、次いで、売れるものを作らなければならない、周囲が欲しているものはこうだ、それを作れば楽になれる、という自らの葛藤、外からの圧力と闘い続けながら、高い次元で"娯楽"と"表現"(あるいは技法)を両立させなければならなくなっていく。

もちろん、才能のある人ほど、人々が何を欲しているかに敏くなるのだろうし、それに寄り添い続けることもできるでしょう。しかしそれに抗うと、今度は"あの人は変わって"しまったと、ファンは離れていく……僕たちは、歌手でもなんでも、その両方をたくさん見てきていると思います。

だから、自身が納得できる"芸術家"、として生き残っていくということは、実に孤独なことなんだろうなあと思う。ゆえに、"娯楽"と"表現"が両立しえた作品や、それを生み出し続ける"巨匠"というのは、数多くの人が目にするし、議論の対象にもなるわけでしょう。

「風立ちぬ」もそう。(ちなみに僕はとても感動しました。)

それだけに、徹頭徹尾"芸術家"だと思える宮崎監督が、去就について一時間半にわたって延々説明させられている、さらには「公式引退の辞」なんてものを発表しているのを見て、まさに"言葉で表現させられてる!彼はさんざん表現しているのに!"と、ちょっと気の毒に思われたのです。スタジオジブリや鈴木Pに対してならまだしも、別に、マスコミに対しても、ぼくたちに対しても、説明責任なんて端からないのですから。(ビジネス的に畳んでいくのは、鈴木Pや星野社長の仕事でしょうし。)

事実、会見では「これからすることは特に決まってない」「映画を見て下さい」というようなことを何度も繰り返していた。それが隠れもない本音なのだろうし、"芸術家"らしい回答だったでしょう。

もっとも、たいていの芸術家というのは生涯芸術家で、亡くなった時にはじめて周囲はその人の新しい作品に触れられなくなることを惜しむわけだから、まだやれる(と少なくとも周りには思われている人)が引退を表明すると、こうなるんだなあという顕著な例だったろう。ただ、ここまで激しく去就が注目される"芸術家"が、これから出るだろうかという気もする。だからといって、国家なんかがそういう人を一から育成するのだ、という議論もまた違うと思うのだが。

というような、当たり前のことを再確認いたしました。

今夜、見るのは何度目かわからない「紅の豚」をテレビで見ていたら、台詞のひとつひとつや舞台設定、ポルコ・ロッソのあり方が、ラストシーンも含めて、宮崎監督そのものの葛藤に思えてきてならなくて(笑)。
そして、"闘い"を続けている庵野監督(宮崎監督が、彼の作品を好きかどうかは別として)に何かを託したように見えるのも頷けるなと、なんだかそんなことを考えてしまった。

僕は、宮崎作品を全部見ているわけではない(でもトトロやラピュタや魔女の宅急便は少なくとも10回以上観てます)し、好きな作品もそうでない作品もあるから、あまりえらそうなことは言えないのですが、3年ぶり4度目くらいで、やめるって言ったのにまた作るのかよ、というのを心のどこかで待っている一人であることは確かなようです。きょう2歳の誕生日を迎えた息子と一緒に、いつか「新作」を見に来たいんですよね、やっぱり。寝かし付けるためにチャリに乗っていて、併せてそんなことも思った


--
※自転車で走るコースに、日産自動車荻窪工場跡(今は団地)がある。ここは戦前、中島飛行機荻窪製作所で、零戦のエンジンも作っていたそうです。宮崎監督のお父さんも来たことあるのかなーとか、そういうことを思ったりもしました。

カテゴリ:
実は「野望篇」をまだ見ていません。
TVシリーズもうろ覚えな上に途中抜けたりしていたので、
先々週の、総集編と、"革命前夜"特番でおさらいしつつ、本作までの流れをつかんだ感じです。

もう一度見直して見ると、TVシリーズの後半で、尾形が実は何か企んでいる、ということがわかってくるわけですが、全体の物語の構造は、エヴァンゲリオンと非常に良く似ていますよね。

使徒(=テロリスト、従来ありえない犯罪)襲来、これに立ち向かうよう仕向けられる主人公達(井上と4係)、実はこれらは目的達成のためのあらかじめ仕組まれた筋書き通りだった、という。

そういうことだったので、尾形と雄翔会・伊達國男が実は一枚岩ではなくて、それぞれゴールを設定してる、みたいなあたりも含め、もうまんまそれぞれのやり方で"補完"へ向かう碇ゲンドウとゼーレですよね。尾形の井上を使って目的達成、といのが非常に碇ゲンドウ=碇シンジの関係まんまだなと。

「踊る大捜査線」シリーズは随所にエヴァンゲリオンへのオマージュとも取れる台詞やモチーフが散りばめられておりましたが、本広さん含め、「踊る」と「SP」シリーズは制作スタッフも近いですし、ありえないことじゃないなーと。

最初から映画ありきの企画だったのかどうかはわかりませんが、とにかく以上のようなプロットを踏まえて観に行ったので、結末も含め、概ね想像したとおりではありました。

でも、それを補ってあまりあるアクションの迫力。これはもう岡田君含め出演者の頑張り。格闘シーンもスピーディで息がつまりました。そして国会議事堂内部等のリアルさ。多分本物であんな撮影なんて出来ないだろうから、セットやCGでしょうが、とても真に迫っていたと思います。
あと、やっぱり堤真一かっこいい…。

上映後、階段や建物でついつい後ろや死角を気にしてしまうようになりますねw。

先週・今週で「外交官・黒田康作」も終わったわけですが、こちらは織田裕二という如何ともしがたい個性ありきで作られていることもあって、不満が残りました。映画とTVシリーズをつなげる手法も含めてちょっとあざとさが。
そして、香川照之出過ぎw。

カテゴリ:
第二回 午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本

きょう映画館行くと言ったら、もう当然「ウォール・ストリート」か「太平洋の奇跡か」それこそ「あしたのジョー」かってな話だと思いますが、全然そうではないと。
(最近、時勢に背を向ける傾向がほんとうに酷くなっている気がする。わざとそうしてるわけではないのだけれど。)

それで六本木のTOHOシネマズで見た映画が「サウンド・オブ・ミュージック」です。実は六本木のTOHOシネマズは昔職場のとなりだったのに、入ったのは今日が初めて。観客は家族連れから年配の方まで様々。2日前予約したときにすでに残席わずか。満員でした。

本作、昔アニメでも(名作劇場)やっていたし、話の筋も知ってました。中学生の頃だったか、BSでやってるのをながら見しましたが、タモさんみたいにミュージカル嫌いな私はそのとき最後まで見てないです。多分。
が、もうこれが冒頭の有名な、山腹にズームインしてテーマ曲、っていうシーンからあらためて仰天するというか、感動してしまいましたよ。そしてこれは映画館で観るべきと。昔の私はやっぱり中二病だったんですかね。

休憩を挟んで3時間という大作ではございますが、見終わった後お客さんも皆一様に幸せそうな表情をしておりまして、こういう光景も久しく見ていないなと思った次第。名作が名作と言われる所以はいろいろあるのでしょうが、本作はそういう点で名作なのだと思います。

昨年末には45周年でキャンペーンしてたみたいです。
作中大変可愛らしい少年少女たちももうすっかり中年で。時間というのは残酷なものですw。



サウンド・オブ・ミュージック 製作45周年記念HDニューマスター版:ブルーレイ&DVDセット  (初回生産限定) [Blu-ray]サウンド・オブ・ミュージック 製作45周年記念HDニューマスター版:ブルーレイ&DVDセット (初回生産限定) [Blu-ray]
出演:ジュリー・アンドリュース
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン(2010-12-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

このページのトップヘ

見出し画像
×