カテゴリ

カテゴリ:Tokyo

あえて東京タワー

カテゴリ:
そんなわけで、スカイツリーが盛り上がっている今だからこそ、あえて東京タワーに行ってみた。
僕自身はこれで3回目か4回目くらい。

展望台へのエレベーターこそ混雑していたけれど、この鄙びた雰囲気はどうだろう。

駐車場だって空いている。窓ガラスにその姿を映す車もまばらだ。







中華バイキングと銘打っているのだが、その実9割方のメニューは中華じゃないというお店には、中国からの団体客。




フットタウン。さびしい。







おなじみ蝋人形館のカオス。







屋上にも昭和の残り香!










建設当時は、日本を元気にする、というメッセージを背負っていたというのに……。

※ぜひ、こちらを見て頂きたいと思う。
プロジェクトX 挑戦者たち 東京タワー 恋人たちの戦い 〜世界一のテレビ塔建設・333mの難工事〜 - NHKオンデマンド







しかし、あらゆる建物-スカイツリーを除いて-を見下ろす特別展望台に登って感じたこともある。
考えてみれば、六本木ヒルズも、東京ミッドタウンも、汐留も、お台場も、どうだ、東京ウォーカーだの、TOKYO1週間だのの誌面を賑わせていた頃からは、ほんの10年も経っていない。だが今はどうだろう。行ってみても、遠くから眺めても、さほどの感慨はあるまい。

その点、東京タワーの、シンボリックな役割だけは、未だ消えてはいないだろう笑!東京タワーから、東京タワーは見えない笑。東京タワー、それは多分、若者にとって、行くためにある場所ではなく、遠くから眺める場所なのだ。

それはまるで、独楽の芯のようにきっちりと、ど真ん中に突き刺さっている。
東京の中心に。日本の中心に。ボクらの憧れの中心に。
きれいに遠心力が伝わるよう、測った場所から伸びている。
時々、暇を持て余した神様が空から手を垂らして、それをゼンマイのネジのようにぐるぐる回す。
ぐるぐる、ぎりぎり、ボクらも回る。
外灯に集まる蚋みたく、ボクらはやって来た。見たこともない明かりを求めて、それに吸い寄せられた。故郷から列車に揺られて、心揺らして、引き寄せられた。

弾き飛ばされる者。吸い込まれる者。放り出される者。目の回る者。誰の力も及ばず、ただ、その力の向かう方角に引っ張られ、いずれかの運命を待つばかりだ。

東京タワー/リリー・フランキー

スカイツリーが出来ても、東京タワーの、こういうところだけは変わらないんじゃないか。すくなくともあと20年くらいは多分。


巣鴨、飛鳥山

カテゴリ:
JR山手線を巣鴨駅で降り、寒風の中商店街をゆく。



都内のどの商店街も、最近ではケータイショップだとか、ファストフード店が進出してきているが、ここはさすがに昔ながらの商店街の趣を保っている。なぜか魚屋が多い。

この商店街は、駅が出来て発生したのではなく、旧中山道に当たる。南にゆけ東大前を通って日本橋にたどり着くし、このまま北へ進めば、本庄や馬籠を通って京都まで続いている。旧街道の商店街には寺院が付き物だ。江戸六地蔵のひとつがここにある。




ここでは何と言っても「とげぬき地蔵尊」。知名度に対して、境内は至ってシンプルだった。報道ステーションの取材クルーが、お年寄りたちにインタビューしていた。




巣鴨といえば、耳かきも有名だ。10年来の念願だった、マイ耳かきを作った。




商店街が終わったあたりで、道は都電荒川線と交差する。三ノ輪方面行きに乗って、飛鳥山まで行ってみる。




ここは江戸時代からの観光名所だった。近年再び整備され、春には桜がとても綺麗だと思う。この石碑も、300年近い歴史を持つ。



丘の南側は、渋沢栄一の旧邸跡だ。資料館も充実していて面白い。
土曜日の日中だけ内部が公開されている「青淵文庫」と「晩香廬」。いずれも内部の装飾が素晴らしいのだが、撮影はNG。。。









茶室などの木造建築は戦時中に消失しており、今は礎石や手水鉢が残るのみで、寂しい。





飛鳥山の東側には王子駅があり、JR京浜東北線、東北本線、東北新幹線が走り、さらに西側から迂回してきた都電荒川線も通っている。見晴らしの良い場所からは、子どもたちが電車の通過を待っていた。

東側の遊歩道から、王子駅へと降りて行く。
途中、妙な光景が広がっていた。




先日、王子駅で沿線火災があったことを思い出した。

東京・王子の「さくら新道」で火災 京浜東北5時間ストップ - MSN産経ニュース

その現場だった。



いずれも2Fの床が抜け落ちて、家財道具が店の前まで散乱しており、住んでいただろう人々の写真も落ちていて、とても痛ましい。




ここは「さくら新道」という名前で、昭和の香りを残す長屋風建築に、居酒屋・スナックが並ぶ、ちょっとした有名スポットだったらしい。帰宅して、ファンの多かったこと、在りし日の姿を知る。

飛鳥山の真下に建つ戦後闇市の残照 - 集落町並みWalker
王子 飛鳥山 さくら新道飲食街 - 写真撮っけど,さすけねがい?
王子  炎上さくら新道 - 東京雑派  TOKYO ZAPPA

無残!王子駅前「さくら新道」炎上 - 東京DEEP案内
さくら新道の火事 - 東京路地裏ノート
さくら新道の火災に関する相談窓口の開設について - 東京都北区

いずれ撤去されるのだろうが、王子駅のホームからも、ハッキリと見えた。





より大きな地図で 巣鴨、飛鳥山 を表示

神田界隈

カテゴリ:
JR御茶ノ水駅あたりから聖橋をあいだに置いて湯島台を見ると、丘を樹木がおおっている。梢がくれに湯島聖堂の甍が見えるから、安藤広重の絵が忍ばれぬでもない。






いまはその向こうに東京スカイツリーが見える。

聖橋を北にわたって、湯島台の昌平坂に入ってみた。江戸時代からこの坂は、新旧二筋あって、こまかく云々する煩を避けるが、いずれにしても昌平というこの名は、孔子がうまれた郷村の名を取ったといわれている。

203p





いま旧観どおりのたたずまいをみせているのは昭和十年に完成したもので、木造ふうながら、鉄筋コンクリートだという。
 さらに歩いて入徳門をくぐった。
 たかだかとした石段をのぼって杏壇門に入り、やがて孔子をまつる大成殿のまえに出た。この聖堂とそれに付属する昌平黌こそ、日本の官学の最高権威であることが、二百年もつづいたのである。

210p











域内を歩きながら、
「助勤」ということばを思い出した。

<中略>

私は、以前、新選組における“副長助勤”ということばの来歴について調べあぐねていたことがある。助勤は、国語辞典にも漢和辞典にもなかった。

<中略>

出羽の人清河八郎(一八三〇〜六三)は、安政元(一八五四)年昌平黌に入り、ほんの一時期ながら、書生寮にいた。
「助勤」という用語が新選組に流入したのは、この清河を経たのではないか。

222〜225p


大河ドラマ「新選組!」では、山南敬助のアイデアとして描かれていましたねこれ。
「大成殿」は、土日祝日のみ内部を公開しています。頭が良くなりそう。

--


神田明神が平将門を祀った神社であることは広く知られている。

が、平将門は「朝敵」。江戸時代になって、総鎮守である神社が朝敵を祀っているというのは甚だよろしくないという話になり、形式上、朝廷から赦免された格好になっていたという。

ところが、明治維新がおこり、再びこの件が蒸し返されたらしい。やはり朝敵が祭神というのはいかがなものか、という話で、明治7年には、わざわざ本殿とは別の宮に将門の霊を移し、別の神様を本殿に立てたという。

その後、昭和55年に氏子その他の働きかけによって、再び、そして正式に将門も祭神として復活したそうだが、これに先立って放映された大河ドラマ「風と雲と虹と」で平将門が取り上げられたことがきっかけになったそうである。

「江戸総鎮守」も、案外、時代の風にさらされて、波乱万丈である。

資料館では、神田界隈の様子を描いた浮世絵など多数。きょうは挙式も執り行われておりました。天気もよく、息子もゴキゲン。




--
街道をゆく 36 本所深川散歩、神田界隈 (朝日文庫)
街道をゆく 36 本所深川散歩、神田界隈 (朝日文庫)
クチコミを見る

谷根千

カテゴリ:
家で先日の大木屋の話をしたら、大木屋はいいからとにかく谷根千に行きたいと言われた。まぁ子どもが生れたら当分間行くこともないだろうと、何度目かの谷根千散策に出かけた。

根津神社

目白台

カテゴリ:
寮時代にたいへんお世話になった先輩が地元に帰るということになり、
同じフロアだった方中心に、上野で焼肉を食べてきた。

あの頃焼肉と言えば、「談話室」と呼ばれていた6帖ほどの部屋に10人以上の野郎がひしめき合いながらホットプレートの肉をつついたり、あるいは池袋にあったカルネステーションという食べ放題のお店でした。

わたしも含め、大勢の方が結婚され、父親になっていたりしたわけですが、ひととき18、9の頃に戻って、当時のネタで涙が出るほど笑わせていただきました。飲みっぷりはずいぶん大人になりましたが……

ということもあり、池袋に用事があった日曜日は、当時の生活圏-早稲田から池袋まで-を、久々に散歩してみることにした。

胸突坂は相変わらずで。変わったのはこちらの方です。途中で息切れしてしまうようになりました。

P522507420001
上:2011年 下:2000年

このページのトップヘ

見出し画像
×